船からのアオリイカ釣り





最初に船のアオリイカ釣りのサイトを立ち上げてもう3年が経過しました。

その間に、アオリイカ釣りはすっかりメジャーになり、今では釣具屋でもかなりのスペースを取っていろいろな道具を売っていますね。

エギングという言葉もすっかり定着し、最近は船からもスパイラル釣法とか、ティップランエギングとか新しい釣り方も出てきています。

このサイトは、3年前に作った物のリニューアルで、主に瀬戸内海での船からのアオリイカ釣りを紹介したものです。

基本的な内容は以前のままでリニューアルをしていきますので、参考程度にしてくださいね(笑)

あなたのアオリイカ釣りの釣果と安全をお祈りして

貴方を守り叶える 究極の開運ツールをご紹介!

***************************************************************
以前のイントロ文
***************************************************************

ここのところ、アオリイカブームはすごいものがありますね。

私自身はアオリイカ釣は10年数年前にアジをエサに浮子釣りで釣ったのが初めてでした。

そのころは、釣具屋でもアオリイカ用の仕掛けというのはなかなかなく、孫針でアジを背掛けにし、いかり針をたらして釣るという方法でした。

アジは食べられてしまうものの、なかなかアオリイカが釣れないで歯がゆい思いをしたものです。

市販の仕掛けが登場して、和歌山のいかだや日本海の波止からアジの泳がせで浮子釣りを楽しみました。

ちょうどその頃、南大阪から和歌山にかけて盛んであったヤエンを用いたアオリイカ釣りに挑戦し、やっと2kgの1杯を手にしたときの興奮は今でも覚えています。

アジをバケツで生かして、結構釣場まで歩くのは大変でしたね。

仕掛けを投入すると、アジの数だけはあたりがあるのです。

そして、ヤエンを入れるまでのどきどき感。そして、かからなかったときの落胆、、、、、

このスリルを楽しむためにはまっている人も多いのだろうと一人で納得しております。

私は、生きアジを用意して釣場まで動くことが億劫で、結局ヤエンでの釣りはそれ以降していません。

でも、食べておいしいアオリイカは、家族からのリクエストも多く何とか釣りたいとはじめたのが船からのアオリイカ釣りです。

今や、エギングは一大ブームとなり、たくさんの人がアオリイカを狙ってエギをほおっている姿を見かけます。

朝といわず、日中といわず、夕といわず一日中。

私は波止での浮子釣りもしますので、そういう釣場でエギを投げて浮子釣の人とのトラブルを起こしたくないのと、地磯などの釣場まで歩いて移動したり、あちこちと移動するのがあまり好きではないのでスピニングリールをつけてのエギングはほとんどしません。

エギングをやってみたいと思われる方は、↓ 参考になさってください。

エギング爆釣攻略法 初心者~中級者のためのアオリイカエギング徹底通信講座
関西では船からのアオリイカ釣りはここ4、5年位前から、秋場に専門で出す遊漁船があり、その船に乗って釣る事が多いですね。(H23年現在では、かなり多くの船がアオリイカシーズンには狙い物をアオリイカにして出るようになっています。チャーター船でティップランに挑戦する人もいらっしゃるとか。)

陸ぱりのエギングと異なり、胴付き、中錘を使ってのエギングですが、なかなか思うようにエギも踊ってくれず、四苦八苦しながら毎年2ヶ月くらいはアオリイカを狙います。

比較的沖目を釣りますから、日中でも沖磯周りを丹念に探れば比較的良型のアオリイカに会うことができます。

秋晴れの一日を海風に吹かれながら、エギをしゃくりながら過ごすのが、最近の私の楽しみでもあるのです。

もちろん、釣れたアオリイカを持ち帰って家族に刺身、フライ、塩焼きと振舞うことも楽しみの一つです。

このサイトでは、そんなマイナーな船からのアオリイカ釣りをご紹介したいと思っています。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン